Tag Archives: kyushu

ONEQ’s Evocative Illustrations

ONEQ is a Japanese illustrator who’s most well known for her illustrations of vintage pin-up girls. Her drawings seamlessly blend Western and Eastern styles – think 1900s American poster art, with the curvy sexualized female form, mixed together with the flawless skin and delicate features of the females portrayed in Japanese manga. ONEQ says she’s endlessly fascinated with women and the female body. This fascination is mirrored in all of her work, where she draws captivating images of voluptuous hourglass-shaped women, powerful and seductive. Her illustrations are proud celebrations of femininity and sexuality.


ONEQは、ヴィンテージピンナップガールのイラストで特に知られる日本在住のイラストレーターです。彼女の絵は西洋と東洋の美人画のスタイルを見事にブレンドしたものです。曲線美が強調された女性の肉体にあふれた1900年代のアメリカのポスターアートが、日本の漫画の様式で描かれる女性の完璧で繊細な容貌の融合点を想像してみてください。ONEQは、女性とその肉体が持つ不思議な曲線美に魅せられていると語ります。そんな魅惑の影響が、妖艶にウエストがくびれ、たくましいほど極度に誘惑的な女性のイメージをとらえた彼女の作品すべてに反映されています。これらの作品は、女性らしさとセクシュアリティを高らかに称賛しているように見えます。

ONEQ was born, raised, and is currently based in Kumamoto, the capital of Kyushu island. As a completely self-taught artist, ONEQ’s love affair with illustration, like most illustrators, can be traced back to her childhood. Manga books were a big part of that childhood. Generally, Japanese manga is separated into different categories, some cater to a female audience and others cater to a male audience. Having an older brother allowed her the opportunity to be exposed to both worlds.


ONEQは、九州の熊本で生まれ育ちました。完全に独学のアーティストであるONEQと絵との親密な関係は、多くのイラストレーター同様、彼女自身の幼少期に遡ります。日本人である彼女にとって漫画文化は子供時代の大きな割合を占めるものでした。日本の漫画は、女性向けと男性向けという2種類に大きく分類する事ができるでしょう。年の近い兄がいる彼女は、その両方の持つ世界感に浸るチャンスに恵まれたわけです。

She cites three major influences that pushed her along the path to becoming an illustrator. The first is the famous manga artist Rumiko Takahashi, the illustrator behind Ranma 1/2 and InuYasha, who she says is her biggest influence. The second is Rockin’ Jelly Bean, a famous Japanese pop artist, whose use of colors captivated her and changed the way she looked at how colors could be used. The third is Simon Bisley, a British comic artist that portrays women in equal parts femininity and equal parts strength. All of these influences came together and evolved her artwork into what it is today.


彼女は、自身を振り返りイラストレーターの道へと歩ませた影響力の高い3人の作家を過去に挙げています。1人目は、『らんま1/2』や『うる星やつら』の作者として著名な日本の漫画家、高橋留美子で、ONEQにとって子供時代に強力な影響を初めに受けたとのこと。2人目は、鮮やかな色使いや完成度の高さが彼女を魅了し、色彩への見方を変えるきっかけとなった有名なポップアーティスト、ロッキン・ジェリー・ビーン。そして3人目は、女性の女らしさと力強さを濃厚に描きあげるイギリスのコミックアーティスト、サイモン・ビズリー。これらの素晴らしい影響力すべてが一体となり、今日見られる彼女の作品に昇華したわけです。

Having just turned thirty-four earlier this year, ONEQ is working full time as a freelance artist, but just recently reallocated one day out of every week to work at her friend’s bar. Her motivations behind this aren’t financial. The bar is stimulating and the atmosphere inspires her art, she says. “Many unique and powerful ladies go there on weekends. Their energy is captivating.” Not a stranger to this lifestyle, she recalls being mixed up in Japan’s night life scene as a teenager. Often missing school, ONEQ would find herself spending time in the more dubious parts of town. Even though she prefers the slow-paced and quiet life in Kumamoto, she considers Japan’s night life to be another aspect of Japanese culture that has influenced her artwork and style. She says, “In that regard, I consider my past to be both good and bad.”


ここ最近の彼女は、フリーランスアーティストとして制作に専念するかたわら、週に一度だけ友人のとあるバーへ手伝いに出かけるそうです。この不思議なライフスタイルのきっかけとなったのは経済的なものからではなく、その空間には彼女の制作を刺激し手助けする雰囲気やパワーがあるのだと言います。「週末になると、ユニークでミステリアスな女性が多く遊びに来ます。そのエネルギーや感触が制作の刺激になっている。」と彼女は語ります。そんなライフスタイルに無縁ではない彼女は、夜の繁華街で遊んでいたティーンエイジャーの頃を回想します。彼女はたびたび学校を休み、夜の妖しい繁華街で友人達と日常を過ごしたものです。熊本の静かでのんびりとした生活を好むとはいえ、夜の怪しげなネオン達が自身の作品にも少なからず影響を与える日本文化の側面でもあると考えています。「自分の過去は良い面と悪い面、両方の要素で成り立っていると思っています。」と述べています。

ONEQ’s creation process is a mix of both traditional and modern techniques. She first begins with rough sketches to flesh out the initial concept. Once the idea has been clearly thought out, she will then draw a refined version in monochrome by using mechanical pencils. If the image is intended to be a colored piece of work, it gets scanned and digitally colored in Photoshop. Her pieces that involve color could take upwards of two weeks to fully complete.


彼女の制作プロセスは、伝統と現代の技術をカジュアルに組み合わせたものです。まずラフスケッチから始め、最初のコンセプトを肉付けしていきます。アイデアやイメージが明確に浮かんだ段階で、今度はシャープペンシルを使ってモノクロで精密な線画を描いていきます。作品が彩色画となる場合は、Photoshopでデジタルに彩色を施します。色彩を用いた場合の彼女の作品は、最終的に完成までに2週間を超えることもあります。

Besides only working on paper and computer screens, she has also completed numerous murals and is keen on creating even more in the near future. She says, “I want to create more murals. It would be great if I could create murals in different places all over the world. Shanghai is definitely on my list.” ONEQ elaborates by saying that she doesn’t approach her art with any intentions of being famous; her sense of artistic accomplishment comes from creating artwork that she personally finds meaningful. This sincerity that she approaches all her illustrations with is undoubtedly another aspect of what makes her artwork so alluring.


スケッチブックやデジタルで描く作品のみならず、多数の壁画も手がける彼女は、近い将来さらなる壁画制作に意欲を見せています。彼女は、「もっと多くの壁画を制作したいと思っています。世界中のいろんな場所で壁画を制作しながら旅ができたら素晴らしく楽しいでしょうね。上海にもいつかぜひ描いてみたい」と言います。ONEQは、有名になりたいという欲求のみで作品に取り組むわけではなく、彼女自身の芸術的達成感が作品制作自体から同時に湧いてくるものであり、それが最も彼女にとって有意義だと感じる瞬間だと語ります。彼女の制作プロセスにおける誠意が、紛れもなくその作品の魅力を引き出す要素なのです。

Website: kotemufu.exblog.jp
Behance: ~/oneq-japan
Facebook: ~/oneq.pinup
Instagram: @negiyakisoba

 

Contributor: David Yen


ウェブサイト: kotemufu.exblog.jp
Behance: ~/oneq-japan
Facebook: ~/oneq.pinup
Instagram: @negiyakisoba

 

寄稿者: David Yen