Through Tatsuo Suzuki’s Lens

Tatsuo Suzuki takes black and white photographs that document the fast pace of urban life in Shibuya, Tokyo. Tatsuo first started shooting in 2008, after getting a Nikon D70. After initially finding the art of photography to be very interesting, he soon became increasingly addicted to the medium. At the beginning he shot mainly in color, but over the years he shot more and more in black and white, as he felt that it captured the passion and emotions of his subjects more effectively.


鈴木達朗氏は白黒写真を撮影し、東京渋谷の都会の生活を記録しています。鈴木氏はNikon D70を手に入れた後、2008年に撮影を始めました。写真撮影に初めて強い関心を持った後、写真という媒体にますます夢中になってゆきました。最初の頃は、カラー写真を主に撮影していましたが、数年後、被写体の情熱と感情をより効果的に捉えると感じた白黒写真を撮影することが多くなってゆきました。

When asked about his background, he says that it is actually in music – and that punk rock, in particular, has left a very deep impression on him. Previously in high school and up until college, Tatsuo was in a punk band. Those days are now over, but one can still get a sense of his punk music past in his gritty black and white street photography.


鈴木氏は経歴について訊かれると、実は音楽にあった言います。そして、特にパンク・ロックが非常に深く印象に残ったと言うのです。かつて高校生から大学生の頃まで、鈴木氏はパンクバンドの一員でした。パンクバンドの日々はもう終わりましたが、今でも鈴木氏のザラザラした白黒のストリート写真からは、パンク的な感覚を感じ取ることができます。

Tatsuo admits the underlying impulse of punk has probably always existed in his photography. The uplifting energy, the irritability of punk, and frenetic rhythm are all in a way visually represented in his work. In his long exposure photography, for example, there is an expressiveness that seems almost musical.


鈴木氏は、内在するパンクロックの衝撃は、自身の写真に常に存在しているであろうと認めています。高揚するエネルギー、パンクの過敏性や熱狂的なリズムが彼の作品に視覚的に表現されています。例えば、彼の長時間露光撮影では、音楽的と思われる表現があります。

He shoots primarily on weekends when he is not working. Typically he would walk around the city and ask subjects if he can take their photo. Sometimes he doesn’t ask at all and just takes a spontaneous shot of a passerby. His interest is mostly in capturing people in their regular daily lives, and not so much about cool and perfect compositions.


彼は、主に働いていない週末に撮影します。普段は街中を歩き回り、被写体になってほしいと思った人に撮影の許可を求めます。時には、全く許可を求めずにに通行人をそれとなく撮影します。鈴木氏は、主として人々の日常生活を捉えることに興味を持っており、格好良く完璧な構図にはあまり興味を持っておりません。 

Tatsuo describes his photographic style as being emotional, impulsive and more documentary in nature. His favorite photographers include Robert Frank, William Klein, and Daido Moriyama. With Moriyama in particular, he shares a lot of stylistic similarities. Often described as being dark, gritty, rough, provocative and blurry, the same could be said of Suzuki’s work.


鈴木氏は自身の撮影スタイルについて、感情的、衝動的であり、どちらかというと記録的な性質が強いと表現しています。気に入っている写真家には、ロバート・フランク、ウィリアム・クライン、森山大道らがいます。特に森山氏とは、スタイルの類似点が多くあります。森山氏の写真は、ダーク、ザラザラしている、粗い、挑発的、ぼやけているとよく表現されますが、鈴木氏の作品にも同じことが言えるでしょう。

His inspiration, he says, comes mainly from within. He believes photographs can be a reflection of what goes on in a photographer’s mind, so if there is a perceived dark side in his work, he admits it probably also represents his inner state. He is not so interested in capturing humorous or comical street scenes, but is drawn more towards scenarios that have a high degree of tension and complexity.


鈴木氏によると、インスピレーションは自分の中から出てくるそうです。そして、写真は、写真家の心の中で起きていることの現れであろうと考え、作品の中に暗い部分が認識されれば、それは恐らく撮影者の心の状態の描写なのであろうと認めているのです。鈴木氏は、ユーモアがあったり、滑稽であったりするストリートシーンの撮影にはあまり興味がなく、かなりの緊張や複雑さを伴うシナリオにより惹かれます。

Like many other street photographers, Tatsuo is inspired by his chance encounters when out shooting, that sudden flash of a moment when first meeting someone. But at the same time, he admits that over the years there haven’t been that many especially memorable or monumental moments that he can recall while shooting. For Tatsuo, every day is a new day and one must always look to the future. He doesn’t typically like to look at past work, except mainly to learn from it and to try to improve on it. In his words, the photo he takes today he hopes will be better than the one that he took yesterday.


他の多くのストリートフォトグラファーと同様に、鈴木氏は外で撮影中に出会う機会からインスピレーションを得ます。それは、誰かに初めて合う時に突然ちらりと見える瞬間なのです。しかし、それと同時に鈴木氏は、ここ数年で思い出すことができるような、特に記憶や記念として残る撮影中の瞬間はないと認めています。鈴木氏にとり、毎日が新しい一日です。常に将来を見るべきなのです。鈴木氏は、過去の作品から学び、改善を試みるようなこと以外、普段は過去の作品に興味を示しません。「今日撮った写真は、昨日撮った写真よりもよく撮れていれば」というのが本人の言葉です。