The Voice of Teshima Aoi

“Healing.”

This is the word heard most often when talking about Teshima Aoi’s voice. People who live in a city can experience a great deal: love, intimacy, stressful jobs, and a fast-paced life. There has to be a time for rest and relaxation. Otherwise how can you get up every day and hop on the subway in the morning?


「癒し。」

これが手嶌葵さんの声を説明するのに最も頻繁に使われる言葉です。都市に住んでいる人々は、愛、親密さ、ストレスのたまる仕事やテンポの速い生活など多くのことを体験します。そのため休息やリラックスのための時間が必要です。それがなければ、毎朝起きて地下鉄に飛び乗る元気など湧かないでしょう。

It has been almost ten years now since Teshima first became well-known. Ten years ago also happened to be the height of Studio Ghibli’s popularity, with the huge successes of Hayao Miyazaki’s Spirited Away and Howl’s Moving Castle. In 2006, Tales from Earthsea finally came to theaters and unexpectedly brought the previously unknown Teshima Aoi, who was then just a high-school student, into the spotlight.


手嶌さんが最初に有名になったのは、10年くらい前です。10年前といえば、宮崎駿監督の「千と千尋の神隠し」と「ハウルの動く城」の大成功で、ちょうどスタジオジブリの人気が最頂点に達したときです。2006年には、「ゲド戦記」がやっと劇場で公開され、予期せずに、当時、無名の高校生だった手嶌葵さんにスポットライトが当たるようになりました。

Most people started following Teshima after hearing “Therru’s Song” from Tales from Earthsea, which then became her first hit song. When the director Goro Miyazaki insisted on having Teshima Aoi, still in high school at the time, sing the theme song for his film, media reports all covered the story, with the headlines, “High School Student Hits Fame”. Yet after the stunningly beautiful start to “Therru’s Song”, all doubts about the new musician vanished. Teshima’s voice combines the pure, gentle, quiet, and strong into one sound: smooth, but not weak. To use a description from Japanese, hiding within Teshima Aoi’s sound is a “piercingly cold softness.”


多くの人は、手嶌さんの最初のヒット曲となった「ゲド戦記」の「テルーの唄」を聴いて、彼女のファンになりました。宮崎吾朗監督が、当時、高校生であった手嶌葵さんに映画の主題歌を歌わせることを主張した際、マスコミは、「高校生が有名に」という見出しで、彼女について報道しました。しかし、「テルーの唄」の驚くほど美しい歌い出しを聴いたあと、この新人ミュージシャンについてのすべての疑問が消えました。手嶌さんの声は、純粋な、穏やかな、静かな、強力な音を1つに組み合わせるので、滑らかですが、弱くはありません。日本語の説明を借りると、手嶌葵さんのサウンドの中に隠れているのは「刺すような冷たい柔らかさ」です。

As these ten years have gone by, from a small group of Studio Ghibli fans to the streets of Shanghai where at all times “The Rose” can be heard, more and more people began to know Teshima’s name. Teshima Aoi is grateful for her Chinese fans who have supported her since before she became famous, and in return she has constantly worked hard to explore new possibilities and challenges in her music career. In 2014, Teshima released her album Ren’dez-vous, which possesses very strong imagery and a sense of her more mature self. In the same year, Studio Ghibli’s production department announced its retirement for the time being.


10年という月日が経ち、スタジオジブリファンの小さなグループから、「ローズ」が常に聞こえる上海の街まで、より多くの人々は、手嶌さんの名前を知るようになりました。手嶌葵さんは、彼女が有名になる前から応援してきた中国のファンに感謝しています。また、自身の音楽キャリアの中で新たな可能性と課題を探るために常に懸命です。2014年には、手嶌さんは、非常に強いイメージとより成熟した自己の感覚を示すアルバム「Ren’dez-vous」をリリースしました。同年、スタジオジブリは、当分の間、制作部門を休止すると発表しました。

August of 2015, Teshima Aoi held her first concert in mainland China. Looking out at her fans, she seemed a bit nervous at first, repeating in Chinese, “Xiexie, xiexie” (“Thank you, thank you”). Outfitted in a dress, Teshima was her usual shy self as she performed alongside her band members. The band’s other performers from Japan were one guitarist and a keyboardist. With a simple underscore, the sound of “Therru’s Song” seemed no different from its original, ten years prior. After performing “The Rose” and “La Vie En Rose”, there was another Studio Ghibli theme song, “Summer of Farewells” from the film From up on Poppy Hill:

“If I call your name under the sunset, will we be able to meet again.”

Below the stage there were fans following along with their glow sticks, swaying back and forth.

At least we have Teshima Aoi’s voice to carry us along.


20158月、手嶌葵さんは、中国本土での初めてのコンサートを開催しました。集まった観客を見ながら、彼女は、最初は少し緊張しているようで、中国語で「謝謝、謝謝」と繰り返しお礼を言いました。ドレスを着た手嶌さんは、いつものように恥ずかしがり屋の自身のままで、バンドメンバーと共演しました。バンドの他の日本からの出演者は、ギタリストやキーボーディスト一人ずつでした。シンプルなアンダースコアで、「テルーの唄」のサウンドは10年前のオリジナルと何ら変わりないようでした。「ローズ」と「ラヴィアンローズ」を演奏した後、もう一つのスタジオジブリ作品「コクリコ坂から」の主題歌「さよならの夏」を披露しました。

「夕陽のなか呼んでみたらやさしいあなたに逢えるかしら。」

ステージの下では、音楽に合わせ前後に揺れるグロースティックを手にしたファンの姿がありました。

少なくとも手嶌葵さんの声のおかげで感激です。

Neocha: I heard that when Studio Ghibli approached you to do voice-over and recording for Tales from Earthsea, you declined at first. What later changed your mind to take part in the film?

Teshima Aoi: When the film’s director, Goro Miyazaki, first contacted me, I was still in high school at the time, and I wasn’t prepared to enter into a career in music. I initially wanted to wait longer before entering the music world, but Goro was very persistent, and I later realized that with his help, it would be an easier process. So in the end, I took the opportunity.


Neocha: スタジオジブリから「ゲド戦記」のボイスオーバーとレコーディングのお話しがあった際、最初はお断りしたそうですね。その後、映画に参加すると気が変わったきっかけは何ですか?

手嶌葵: 宮崎吾朗監督から連絡があった当時、私は、まだ高校生でしたので、音楽業界に入る心構えがありませんでした。最初は、音楽の世界に入る前にまだ時間が必要だと考えたのですが、宮崎監督は非常に粘り強く、その後、彼の助けを借りれば、簡単なプロセスになることに気づきました。そこで結局、その機会を活かしました。

Neocha: What does music mean to you?

Teshima Aoi: Since I was young, I have always listened to the music in movies, on the radio, and in TV shows, and I would sing along. Those were wonderful days. Even though I never thought of becoming a singer when I was growing up, I have always had a passion for singing. Later as I grew older, I found out quite luckily that others liked to hear me sing, and that gave me all the confirmation I needed to pursue singing.


Neocha: 音楽はあなたにとってどんな意味がありますか?

手嶌葵: 幼いときから、いつもラジオ、テレビ番組、映画で音楽を聴いて、一緒に歌ってきました。それは今思うと素晴らしい日でした。子どものときには、歌手になるなんて夢にも思いませんでしたが、いつも歌うことについて情熱を抱いていました。その後、成長するにつれ、非常に幸運なことに、他の人は私が歌うのを聴くのが好きだということがわかったので、歌うことを探究する決心がつきました。

Neocha: What is different about your new album Ren’dez-vous from all your previous work?

Teshima Aoi: This album has many songs about love and many songs that are about the feeling of being heartbroken. It has already been ten years since I began my music career, so I wanted to show the another more mature side of myself through this album.


Neocha: 新アルバム「Ren’dez-vous」は、ご自身の以前の作品と比べるとどう違いますか?

手嶌葵: このアルバムには、愛と失恋の気持ちについての曲が多く収録されています。音楽活動を始めて10年になりますので、このアルバムを通して自分のより成熟した側面をお見せしたいと思いました。

Websiteaoiteshima.com

 

Contributor: Taylor Shen
Photographer: Ka Xiaoxi


ウェブサイトaoiteshima.com

 

供稿人:Taylor Shen
フォトグラファー:Ka Xiaoxi